結婚する事が決まったら、結婚式場を決めたりするその前に先ずする事があります。それは結婚指輪を購入する事です。女性なら特に結婚に際して結婚指輪をもらうというのは、一生に一度の大切な瞬間でもあり、入籍の日を決めるのと同じくらいの一大イベントでもあります。自分のお気に入りのブランドがある女性なら、その中で気に入ったデザインの指輪に憧れる事もあるでしょうし、ブランドに興味がなくてもデザインと着け心地を重視した長く身に付けられる物を選びたいところです。しかし男性からすると、元々普段から指輪を身に付けたりしないという人なら尚更の事、なるべくシンプルで着けていても気にならない物をと考える人も少なくありません。そんな中で二人の意見の折り合いをつけて選ばなくてはならない結婚指輪、なかなか簡単には決まらない事も多くあります。

女性は結婚指輪にどの程度満足しているのか

実際に夫から結婚指輪をもらった妻は、どの程度その指輪に満足しているのかと言うと、大体9割程度の方はとても満足しているもしくは、満足しているか不満はないという答えが返ってきています。しかし残りの1割の方は不満があるともいえるのです。その理由の中で、デザインに飽きてしまったという意見もありますが、こちらは自分で選んだものであるという事から、もう少し飾りのあるタイプにすれば良いと思う場合や、反対にシンプルにすれば良かったという後悔はあるものの、購入する際には自分で選んでいるのでその時は満足していたという方多くいらっしゃいます。ただ予算の都合や意見が合わずに妥協して選んだという場合は、購入時から不満を抱えているので指輪を着けていればいるほどそれが感じられてしまうという意見もあります。

後悔しないように結婚指輪を選ぶために

後悔しない結婚指輪選びのコツは、とにかく二人でよく話し合って決める事です。どちらかに全くこだわりがないのなら別ですが、少しでも自分の考えがあるなら必ず意見を言うようにして、自分が我慢したという思いは抱かないようにする事が、賢い選び方となります。話し合う内容はデザインや着け心地ももちろんですが、予算の話も二人でしておくことが重要です。そうでないと、そうは言っても自分は10万円くらいの指輪は買ってもらえると思っていたのに、実際にショップに行ったら相手が選んだのはその半額以下だったという事にもなり兼ねません。思い描いている予算は得てして擦り合わせがあまりされない事の方が多いです。特にアクセサリーに関しては女性の方が高価なものを選びがちだという事も、認識しておくといいでしょう。