指輪は、雑貨屋や一部時計屋、宝石屋、中古屋など、様々な所で売られています。これは結婚する2人でじっくりと話し合うことが大切です。結婚指輪は一生に一度だから良いものを選びたい、有名なブランドで選びたい、まだ大きく名前は売れていないジュエリーブランドの気に入ったデザイン、こだわりのデザインを形にしてもらえるジュエリーショップ、ブライダルリング専門店など、選択肢は様々です。ブライダル雑誌やネットなどで多くの情報を得ることができますが、まずは大まかな金額、もしくは大まかなデザインを話し合うことで方向性が見えてくると思います。そして大切なことは、例えば1万円前後のあまり高価ではないものであれば、買い替えることもできますが、数十万となると、やはり後々のメンテナンスをしてもらえるお店を選ぶ必要があります。

結婚指輪について調べながら本音を聞きだせる雰囲気をつくる

結婚指輪について話し合うとしても、なかなか本音を話すことも聞き取ることも難しいということがあります。お金についてもそうですが、まだまだ手さぐりの2人である場合、本音を言えないこともあります。ですからまずは結婚指輪の価値観について話をしてみるのも選び方の突破口になる可能性があります。日ごろから指輪をしている方であるか、仕事では指輪をすることができない職であるか、けじめとして欲しいけれど高価なものが欲しいわけではない、逆に一生に一度のことだから高価で後悔のしないデザインのものを選びたい、昔から憧れているものがあった、などです。そこから話が膨らませることができればお互いイメージができると思います。ブライダル雑誌にも、広告や特集が載っていることが多いですから、結婚式を挙げない方々も指輪の購入は検討しているという方は、一度参考にしてみるのも良いと思います。

結婚指輪を手に入れるには、時間がかかることがある

結婚指輪を工房やジュエリーショップで購入する時に注意する点は、まずすぐに入手できるわけではないということです。デザインから起こす工房は当然ですが、ジュエリーショップのように、ケースに入っている指輪を購入するだけなら、すぐに手に入るのではと思われる方もいるかもしれませんが、刻印を入れる、ダイヤなどの宝石を後から入れる、サイズを微調整するなど、色々とすることがあり、後日引き渡しという場合もありますから、結婚式に間に合わせるためにも、少し早めに行動することが大切です。また結婚式の日程に合わせて保管してもらうことが出来るのかも尋ねておくこともおすすめです。家に置いておいたが新居の引越しで、荷物の中に紛れてしまったということもあります。責任を持って自分たちで管理することが一番ですが、不安がある方は一度相談にのってもらっても良いと思います。