結婚指輪を選ぶ事は、人生の中でも重要な場面と言えます。この先の人生で自分の指にずっと着けていくものですから、気に入ったデザインを選びたいものです。また、生活していく中で邪魔にならないデザインを選ぶ方が多くいます。特に人気が高いのは、やはりブランドの指輪です。特に男性は何を選べばいいのか分からないという人が多いですので、結婚相手の好きなブランドから選ぶという方もいらっしゃいます。デザインも、毎年新作が売り出されます。定番のデザインからその年に流行になっているデザインまで、幅広く選ぶ事ができます。他にもオリジナルの気分を味わえるものとして、指輪の内側に好きな宝石を一つ埋め込むシークレットジュエリーなども人気です。自分と相手しか知らない秘密なのでそういった意味でも人気があります。

結婚指輪の相場を年齢ごとで比較する

買いたいデザインの方向性がだいたい決まったら、次はいくらくらいの物を選ぶかを考えます。婚約指輪は給料の3ヵ月分などと昔からよく言われていますが、結婚指輪はいくらくらいが相場か知らないという人も多くいます。また、相場は年齢によっても変わってきます。例えば、30代では収入も20代のころと比べて増えている方がほとんどです。貯蓄も当然多くなってきていますので、それなりの金額の指輪が求められます。平均相場としては、男女合わせて23万円くらいから25万円くらいです。デザインの違いから、女性の方が2万円から3万円ほど高くなります。20代の若い世代の相場は、30代以上と比べて収入も少なく結婚資金を溜めている人も少ないという所から、20万円前後で考える人が多い傾向です。ダイヤが少なめのデザインやプラチナではなく24金や18金にして金額を抑える方もいます。

結婚指輪と婚約指輪の購入時に気をつける事

結婚指輪は、デザインと金額から選ぶ方がほとんどですが、婚約指輪と併せて選ぶ方も多くいます。結婚指輪をもらったら、折角買ってもらった婚約指輪を閉まってしまうという人もいらっしゃいますが、重ね付けができるデザインを選ぶ事によって大切な指輪を両方つけていくことができます。男性からしても、婚約指輪の方が値段は高いことが多いですので、女性がずっと着けてくれていた方が嬉しいものです。婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで選ぶと、重ねづけできるデザインの物も多く売り出されていますので、選びやすいと言えます。普段使いとして婚約指輪も着けるなら、ダイヤが大きく立派な物だと邪魔になったりぶつけてしまったりする可能性があるので、埋め込み式のデザインを選んだり、一粒で大きいものではなく小さいダイヤがたくさんちりばめられたものなどが重ねづけに向いているデザインと言えます。